クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方としては、サインを必要とするかそうでないかによって若干の違いはあるものの基本的にやり取りはほとんど同じだとされています。

例えばコンビニなどのサインを必要としない支払い方としては、支払の際にクレジットカードを使用する事を宣言してカードを渡すだけです。

そうすれば後は店員が必要な手続きをしてくれるので終わった後にカードを受け取るだけなので、基本的に自分たちで何かをするということはありません。



ただし場合によっては専用の読み取り機械が設置されていることがあるので、そちらにクレジットカードを通したりかざす必要があるというところもあります。



ではサインを必要とする場合はどのような使い方になるのかと言うと、まず事前にカードの裏に自筆のサインがあるかどうかを確認します。

その後は支払の際にクレジットカードの利用を宣言して、必要に応じて指定されたところにサインをするかカードを作る際に決めていた暗証番号を入力するだけです。
サインに関してはレシートや領収書に記載する事が多いのですが、それ以外にも増えてきているのがタブレットの画面にサインをするという形式です。

この時注意するべき点としては、カードの裏側に書いていたサインをそのまま記入すると言うところです。



なのでサインを英語で記載していれば当然英語で記載しなければいけませんし、漢字だった場合も同様です。


また暗証番号を覚えていない場合であってもサインに切り替える事もできるので、店員に申告して対応してもらう事が必要です。


Copyright (C) 2016 クレジットカードの使い方 All Rights Reserved.