クレジットカードの選択

クレジットカードの選択

世の中には非常に多くのクレジットカードが存在します。

その発行元によって様々な特色があり、利用者としてはどのクレジットカードが自分の生活を助けてくれて、適しているのかを見極める為の選択をしなければなりません。



クレジットカードの主な発行元は、銀行、信託企業、一般企業の3つに分かれています。

銀行のカードであれば、その銀行の口座を持っていると手続が非常にスムーズであったり、銀行の融資を受ける際にも円滑に行われることが多いと言えます。

信託企業のカードであれば、ポイントがお得に貯めることができ、そのポイントで家電や生活必需品、ギフトカードなどに変えることができます。
一般企業のカードでは、共通ポイントが利用することができます。



例えばあるコンビニで発行されたカードで提携先のレンタルビデオショップでDVDなどをレンタルすることができ、更に共通ポイントが付与されますので、提携先のコンビニ、レンタルショップ、ガソリンスタンドなどでポイントを利用することができます。


提携先は続々と増えていますので、より便利になっていくことは間違いありません。



デメリットと言えば、銀行系のカードは、総量規制外となる為、キャッシング等の限度額が高くなり、無意識に利用して返済に苦労してしまうことが起こりえます。

信販系は電話での営業活動が頻繁なので、少し煩わしいと感じてしまうかもしれません。一般カードはポイントの付与率があまり高くはありません。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの選択 All Rights Reserved.