クレジットカードと自己破産

クレジットカードと自己破産

クレジットカードを新しく作成するにあたって、その人の信用情報、いわゆるクレジットヒストリーが問題となってくることがあります。

このクレジットヒストリーというのは、これまでに銀行や消費者金融などからお金を貸し借りした履歴のことであり、クレジットカードで商品やサービスを購入した履歴も、実は信用取引の一種ですので、このクレジットヒストリーでいうところのお金の貸し借りのなかに含まれています。



こうした過去の情報は、信販会社や銀行、消費者金融などが加盟している信用情報機関にそのつど登録されることになっており、一定の期間が経過するまでは、登録されたまま、消去されることがありません。したがって、過去にお金を借りたのに契約のとおりに返済できなかったという履歴があれば、それはクレジットカードの新規作成の際に、信用情報機関に照会をかけた信販会社によって見抜かれてしまい、審査のなかで減点のポイントとなってしまうのです。



自己破産についても、やはりお金を借りたのにもかかわらず、法律上の制度を用いることによって、その返済の義務を免れたということになりますので、クレジットヒストリーとしてはかなり低い評価となってしまいます。
信用情報機関によっても違いがありますが、少なくとも自己破産のクレジットヒストリーは5年以上は登録されたまま消去されないというのが一般的ですので、その期間は新しくクレジットカードを作ることができないと考えたほうがよいといえます。



Copyright (C) 2016 クレジットカードと自己破産 All Rights Reserved.