クレジットカードの使い過ぎを防ぐ方法

クレジットカードの使い過ぎを防ぐ方法

手軽に使えるクレジットカードだからこそ、つい使いすぎてしまいやすいのですが、返済能力を超えてしまうほど使いすぎてしまうのは問題です。
そんなクレジットカードの使いすぎを防ぐには、カードの利用状況を把握して、きちんと返済できるのかどうかを考えてカードを使うかどうかを決めることが一番ですが、それには自制心が求められますので難しいという方もいるはずです。



自分の自制心に自信がないという場合には、強制的にカードの使いすぎを防ぐことが一番の対処法となります。


その方法ですが、まずはクレジットカードの枚数を減らすことです。
年会費や特典などを比較して本当に使いやすいカードだけを残して、不要なカードを解約することで使いすぎを防ぐことに繋がります。



またもう一つの方法が利用限度額を下げることです。



そもそも利用限度額はカードを使い始めた頃は、収入状況に合わせてカード会社が設定するため、それほど高くはないのですが、きちんと返済をしながら長くそのカードを使い続けていると、優良会員とみなされて知らない間に増額されていることがあります。
そのため、最初の頃の利用限度額ぎりぎりまでのカード使用と現在の利用限度額ぎりぎりまでのカード使用では、その額が大きく変わってしまい、気づいたら使いすぎていたというケースもあるのです。

そうならないためには、まずきちんと自分の所持しているクレジットカードの利用限度額を把握したうえで、無理なく返済可能な利用限度額に設定しなおすことが大切なのです。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの使い過ぎを防ぐ方法 All Rights Reserved.