クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠

クレジットカードで設定する事ができるショッピング枠とは、名前の通りクレジットカードを利用して買物をする事ができる枠の事を指しています。

基本的にショッピング枠には限度額というものが設定されており、カードの種類によって限度額の設定が異なっています。



平均的にクレジットカードのショッピング枠は50万円から80万円程度とされており、支払が滞ったり利用実績が少ない場合を除けば徐々に限度額も上がっていくとされています。
ただし上限を超えて限度額が上がるということはないので注意が必要ですし、限度額を超えてカードを使った買物は出来ないようになっているのでこの点も理解しておく必要があります。



そしてキャッシング枠はこのショッピング枠の中で設定されているものであり、カードを利用してお金を借りることができる枠の事を指しています。



特徴としてはある程度限度額の上限はあるものの、自分たちである程度限度額を設定する事ができるというところです。

そのためある程度自由が効くというところがメリットとなっています。ただし多くの人が勘違いしている注意点として、キャッシング枠はあくまでショッピング枠の中で設定されるものなのでショッピング枠以上に限度額を設定する事はできないようになっているのです。そのためキャッシング枠を設定した場合、ショッピング枠内で金額の内訳が形成されてしまうのでキャッシング枠で設定した限度額を差し引いた額でしかショッピングで利用する事ができません。

Copyright (C) 2016 クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠 All Rights Reserved.