クレジットカードの使い方で覚えておきたいこと

クレジットカードの使い方で覚えておきたいこと

クレジットカードの申し込みを行う際、ショッピング枠の確認は必須です。

ショッピング枠とは、クレジットカードで買い物をする際の限度額のことであり、一般的には50万円から80万円に設定されています。その限度額を超えなければ何度でも利用することができますので、ついつい使いすぎてしまうこともあります。ショッピング枠というのはずっと同じではなく、カードを利用し始めてから取引実績を重ねていくことで自動的に増額されていきます。

支払いが遅れてしまったり取引の実績が少ない場合には増枠されることがありませんので、ショッピング枠を活用したいと考えている人はこの点をしっかりと押さえておかなければなりません。



ショッピング枠の支払い方法としては、手数料のかからないタイプでは一括払いや2回払い、ボーナス一括払いがあり、手数料が必要となるタイプではリボ払いや3回以上の分割払いがあります。

ショッピング枠の中にはキャッシング枠というのがあるのですが、これはクレジットカードでお金を借りることのできる限度額です。


どの程度の額にするかは、カードを申し込む際や利用を開始した後にショッピング枠内で自分で設定することができます。

つまり、利用限度額というのは、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせたものであり、その範囲内で自由に設定することが可能です。



最初からキャッシングをするつもりのない人はキャッシング枠を0に設定することもできます。



Copyright (C) 2016 クレジットカードの使い方で覚えておきたいこと All Rights Reserved.