クレジットカードを活用してローン審査に通過する方法

クレジットカードを活用してローン審査に通過する方法

クレジットカードを上手に利用することで、銀行や消費者金融のカードローン、住宅ローン、自動車ローンなどのローン審査が有利になる場合があります。

法律上はクレジット決済(商品の分割払いや後払い)と借金(ローン)は別の扱いですが、カード会社や銀行、貸金業者が登録・照会を行う信用情報機関の情報は共有されています。



カード会社によっては毎月のクレジット決済と代金の返済情報を信用情報機関に登録しています。

毎月クレジット決済を行って毎回確実に支払いをし続けると、これらの情報も信用状機関に登録されます。


何年もの間、毎月クレジット決済を利用して延滞や滞納をせずに料金を完済した記録があれば、クレジットカードの利用者がきちんと借金を返済する人であることを証明することになります。



日本国内には信用情報機関が3社あり、金融会社やカード会社はこれらのうち2社に登録・情報の照会を行います。

銀行や貸金業者がローン審査で2つの信用情報機関に照会を行えば、少なくとも1社はクレジットカードの利用記録が登録されているため、クレジットカードの返済記録を確認することになります。



過去数年間にわたり1度も欠かさずに返済を続けていれば、ローン審査の際に有利に働く場合があります。

電話代などをカード払いにしていてきちんと返済を続けるだけで、自分の信用を積み上げることができるのです。金額が大きい住宅ローンで有利な条件で融資が受けることができれば、利息を大幅に減らすことができます。

将来に住宅ローンなどで多額のお金を借りる場合に備えて、毎月少額でもクレジットカード決済を利用して信用を積み上げておくことができます。


Copyright (C) 2016 クレジットカードを活用してローン審査に通過する方法 All Rights Reserved.